/

この記事は会員限定です

象牙の国内取引、年代測定を義務づけへ 環境省

[有料会員限定]

海外から批判を浴びている日本の象牙取引について、環境省は2019年6月にも合法な売買であることの証明を厳格化する方針だ。化石や遺跡の研究に使われる年代測定法で、象牙が捕獲された時期を科学的に示す資料の添付を個人や業者に義務づける。違法取引を防ぐため市場管理を強化する機運が高まるなか、国際的な批判をかわす狙いがあるが、6割近くが未登録で、どれだけ実効性があるか分からない。

アフリカゾウの密猟と密輸が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り578文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン