/

この記事は会員限定です

日米物価差20年で5割超拡大、たまる円高マグマ

編集委員 田村正之

[有料会員限定]

米中貿易摩擦やトランプ米大統領の「ドル高は不利」発言で揺れ始めた為替相場。中長期の先行きを占う上で頭に入れておきたいのが、拡大しっぱなしの日米物価格差を背景とした潜在的な円高マグマだ。

過去20年で日米消費者物価格差は実に5割超――。日米の消費者物価の推移を見るとあまりの格差に驚く。米国の物価が継続して上がり続けているのに対し、日本は長いデフレ期間を経てほぼ横ばいだ。

本来ならインフレ率の高い国の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

“税金ゼロ"の資産運用革命 つみたてNISA、イデコで超効率投資

著者 : 田村 正之
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,512円 (税込み)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン