2019年5月24日(金)

がん、悪玉微粒子の解明で新たな治療法開発へ
国立がんセンター研など研究

2018/7/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

がん細胞が放出して転移などを促すカプセル状の微粒子に着目し、がんを治療する研究が相次いでいる。国立がん研究センター研究所などは微粒子が全身へ広がるのを防ぐ技術を開発。新山手病院などは微粒子の性質を利用し、がんを攻撃する免疫細胞の能力を高めることに成功した。微粒子の応用研究が進めば、がんの転移を抑える新しい治療法の開発につながる可能性がある。

微粒子は「エクソソーム」と呼ばれ、脂質の膜でできている…

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報