/

この記事は会員限定です

KDDI、スマホ4年縛り見直しへ 公取委の指摘受け

[有料会員限定]

KDDI(au)は4年間の分割払いを条件にスマートフォン(スマホ)の代金を半分にする「4年縛り」と呼ばれる販売手法を見直す方針を固めた。2年後の機種変更時に再び4年契約を結び直すことが値引き条件となっているが、この条件の撤廃を検討する。公正取引委員会から利用者の選択権を奪うと指摘されたことに対応する。ソフトバンクも同様に見直しを検討している。

KDDIは2017年7月に4年縛りプランを導入した。スマホ代を4年間の分割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り616文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン