猛暑で新潟県経済に明暗 氷菓売れ海水浴客は不調

2018/7/28 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

連日の猛暑で新潟県経済に悲喜こもごもの影響が出ている。氷菓メーカーではかき氷の出荷量が前年比5割増の勢いで推移しているほか、清涼飲料や冷房機器といった夏物商品の売り上げが前年を大幅に上回っている。一方、熱中症への懸念から県内の海水浴場の人手はいまひとつ。建設会社は現場作業員の健康管理対策に追われている。

いちご味の氷菓「もも太郎」などを製造するセイヒョーの新潟工場では、連日の猛暑を受けてフル生産…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]