早稲田の杜は「ミュージアム」(REC東京)
グローバル化戦略の一端 ワセジョと巡る

2018/7/30 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

早稲田大学がキャンパス全体をミュージアム化するプロジェクトに乗り出した。少子化や東京23区の定員規制など大学経営を巡る環境が変化するなか、生き残りへグローバル大学化推進の一端に据える狙い。世界水準の文化資産を持つ大学として個性を際立たせる戦略は学内外に浸透するか。早稲田の女子学生(ワセジョ)と巡った。

■歴史館開館でミュージアム化加速

今年3月、1号館内に「早稲田大学歴史館」が開館した。1882年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]