2019年5月27日(月)

ジェットスター、自社育成のパイロット4人が誕生

2018/7/27 14:48
保存
共有
印刷
その他

格安航空会社(LCC)大手のジェットスター・ジャパンは27日、2017年に始めたパイロット育成プログラムを通じてパイロット4人が誕生したと発表した。一定の資格を持つ人を採用し、1年程度かけて副操縦士に昇格させる仕組みだ。航空業界ではLCCの成長などに伴ってパイロット不足が懸念されており、LCCも自前での育成が課題になっている。

ジェットスター・ジャパンは副操縦士育成プログラムで4人のパイロットを誕生させた(27日、成田空港)

千葉県成田市の本社で同日、昇格記念セレモニーを開いた。片岡優社長は「LCCが成長するためには収益が必要だが、パイロットの確保も大事。1期生はプレッシャーもあったかもしれないが、よいお手本になってくれた」と話した。

パイロットになるためには自社養成で訓練生として入社するか、航空大学校や私立大学などでパイロットになるための課程を終える必要がある。

ジェットスターの副操縦士育成プログラムでは、私大のパイロット育成コースなどを卒業して一定の免許を取得した人を採用する。その後で副操縦士となるための資格を約1年で取得させる。

自社で最初からパイロットを養成するのは費用と期間がかかり、実施しているのは数社に限られる。ジェットスターのプログラムは自社養成よりも短期間でパイロットを誕生させられる。今回のパイロット4人のうち2人は女性。清宮有華副操縦士は「小学生の時に乗った飛行機のパイロットが、たまたま女性だった。将来は機長になれるよう努力する」と話した。

訪日観光客の増加などを背景に、日本やアジアでは将来のパイロット不足が懸念されている。これまで日本勢で自社養成を実施しているのは全日本空輸と日本航空に限られていたが、スカイマークも14年度に開始。LCCのピーチ・アビエーションも始める見通しだ。パイロットが確保できなければ事業や路線を拡大できないため、各社が積極策を打ち出している。

(志賀優一)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報