/

この記事は会員限定です

アフリカで根付く「カイゼン」

製造業育成で雇用拡大狙う

[有料会員限定]

日本のものづくりの代名詞である「カイゼン」がアフリカで根付き始めた。タンザニアやザンビアは普及の専門組織を設立。ケニアでは豊田通商が訓練施設でノウハウを伝授する。低所得国が多いアフリカでは製造業の育成が課題で、カイゼンを通じた生産性向上や雇用拡大への期待が高い。国際協力機構(JICA)などと連携し、経済成長につなげる考えだ。

エチオピアで「カイゼンの街」が続々と生まれている。東部ハラール市は2017年6月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン