インテル、好業績でも株下落 くすぶるCEO不在

2018/7/27 12:31
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=佐藤浩実】米インテルは26日、4~6月期の売上高が15%増の169億6200万ドル(1兆8800億円)となり、同四半期として過去最高を更新したと発表した。2018年通期の見通しも上方修正し、好決算であることに疑いはない。ただ、発表後の時間外取引で株価は下落。最高経営責任者(CEO)が「不在」の状況がしばらく続きそうなことが、停滞の目立ち始めた老舗への懸念を強めている。

■従業員と

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]