2019年6月25日(火)

輝く「スーパーマーズ」商戦 火星接近など天体ショー相次ぐ 家電量販や雑貨店

2018/7/27 11:47
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「スーパーマーズ」と呼ぶ火星の大接近に、小売企業が勢いづいている。火星が15年ぶりの近距離まで地球に近づく31日だけでなく、今夏は他の天体ショーも相次ぐ。家電量販のビックカメラは特設の売り場を設けて天体望遠鏡を売り込み、ヨドバシカメラも観測イベントを開催。雑貨店でも星座早見盤などの関連商品を取りそろえる。

国立天文台によると、火星は7月31日、地球に5759万キロメートルの距離まで近づく。公転の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報