2018年11月17日(土)

グーグル、エッジ向け深層学習チップ外販

AI
IoT
BP速報
2018/7/27 18:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

Edge TPUのチップ単体(出所:米グーグル)

Edge TPUのチップ単体(出所:米グーグル)

米グーグルは、エッジデバイス向けのディープラーニング(深層学習)専用チップ「Edge TPU」を2018年7月25日(米国時間)に発表した。あらゆるモノがネットにつながるIoTのエッジ(端末側)で機械学習の推論を実行できる。グーグルが半導体チップの外販を始めた。

■エッジ向けに小型・省電力化

「TPU(Tensor Processing Unit)」はグーグルが自社開発したディープラーニング専用チップ。これまでは同社の社内サーバーでのみ利用していた。今回発表したEdge TPUは、電力供給が限られるエッジで利用できるよう小型化や省電力化を図っただけでなく、社外にも販売する。チップの大きさは米国の1セント硬貨に収まるほど小さく、電力消費量は2Wだという。Edge TPUは推論にのみ特化し、学習(トレーニング)には対応しない。

Edge TPUではグーグルがオープンソースとして公開するディープラーニングフレームワークの軽量版「TensorFlow(テンソルフロー) Lite」が利用可能。同社がクラウドで提供する「TensorFlow」とサーバー版のTPUのサービスである「Cloud TPUs」で開発した機械学習モデルをEdge TPU上に展開すると、機械学習の推論処理ができるようになる。

Edge TPUで動画に対する物体認識を実行するデモ。手前はグーグルのインジョン・リー氏

Edge TPUで動画に対する物体認識を実行するデモ。手前はグーグルのインジョン・リー氏

チップの処理性能などは明らかにしていないが、同社はEdge TPUのウェブサイトで「毎秒30フレームの高解像度の動画に対して、リアルタイムで複数の機械学習モデルを実行できる」と説明している。また浮動小数点演算には対応せず、8ビット/16ビット整数の演算器のみを備える。

同日に米サンフランシスコで開催したカンファレンス「Google Cloud Next 2018」の基調講演に登壇した同社クラウド部門のIoT担当バイスプレジデントであるインジョン・リー氏は「Edge TPUは消費電力当たりの性能とコスト当たりの性能を向上することにこだわったチップだ。エッジコンピューティングにとってゲームチェンジャーになる」と強調した。

■Edge TPU搭載ボードを10月発売

Edge TPU搭載ボード「TPU development kit」

Edge TPU搭載ボード「TPU development kit」

グーグルはEdge TPUを搭載した小型コンピューターボードである「TPU development kit」を2018年10月に発売する。このボードにはEdge TPUのほか、オランダNXPセミコンダクターズ製のCPUやメモリー、Wi-Fiチップなどを搭載する。同ボードを使うことで、ユーザーはエッジデバイスを容易に試作できるようになる。

同時にグーグルはEdge TPU搭載エッジデバイスを実現するパートナーとして、NXPや英ARMといった半導体メーカー、日立製作所の米国子会社である日立ヴァンタラやフィンランド・ノキアなどのエッジデバイスメーカーなどを発表している。

エッジデバイス向けのソフトウエアとしては「Cloud IoT Edge」を発表した。Cloud IoT Edgeは基本ソフト(OS)として「Android Things」と「Linux」に対応したソフトウエアスタックで、機械学習フレームワークとしてTensorFlow Liteのほか、エッジデバイスのセキュリティーを保護するソフトウエアなどを含む。

クラウドと連携するエッジデバイスに関しては米マイクロソフトも「Azure Sphere」を提供しているが、こちらはセキュリティー強化が中心。グーグルとしては自社開発したディープラーニング専用チップを持つ強みを、クラウドだけでなくエッジにも広げていくことになる。

(日経BP社シリコンバレー支局 中田敦)

[日経 xTECH 2018年7月26日掲載]

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報