「ホワイトハッカー集団育てる」玉塚社長
デジタルハーツ

2018/7/27 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ファーストリテイリングやローソンの社長を歴任した玉塚元一氏がデジタルハーツホールディングス(HD)社長としてサイバーセキュリティー事業を推進している。専門家を外部から集め、米スタートアップと相次ぎ提携。内部人材の育成も急ぎ、「正義のハッカー」集団を形成しようとしている。

「デジタルトランスフォーメーションは世界で加速する。外部人材を呼び込み、会社の収益構造を変えるダイバーシティー(多様性)が重要…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]