/

この記事は会員限定です

長期投資、GPIFに学ぶ 分散と資産の再配分が鉄則

[有料会員限定]

積み立て方式の少額投資非課税制度(つみたてNISA)の始まりなどを機に、長期投資への関心が高まりつつある。長期投資を実践する際は押さえておきたい原則がある。公的年金の運用を担い、国内最大級の機関投資家でもある年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が7月6日に発表した2017年度運用報告をもとにヒントを探った。

年平均収益率3.1%

公的年金の積立金(3月末で156兆円)は、GPIFが政府から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン