2018年12月14日(金)

財務次官に岡本氏、麻生財務相が発表

2018/7/27 11:00
保存
共有
印刷
その他

麻生太郎財務相は27日、財務省の同日付の幹部人事を発表した。それぞれ空席が続いていた財務次官に岡本薫明主計局長(57)、国税庁長官に藤井健志同庁次長(55)を昇格させた。岡本氏の後任の主計局長には太田充理財局長(58)が昇格した。国際金融や20カ国・地域(G20)を担当する浅川雅嗣財務官(60)は留任した。

閣議後に記者会見する麻生財務相(27日、財務省)=共同

文書改ざん問題への対応を担う理財局長には可部哲生総括審議官(55)、退任する飯塚厚関税局長(59)の後任には中江元哉首相秘書官(57)を充てた。

同省の本流を歩み、次官の本命候補とされてきた岡本氏をトップに据え、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る決裁文書改ざん問題や前次官のセクハラ問題で信頼が失墜した組織の立て直しを急ぐ。

星野次彦主税局長(58)、武内良樹国際局長(58)、矢野康治官房長(55)はいずれも留任となった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報