/

香港新駅「西九龍駅」を公開、中国本土への玄関口

【香港=木原雄士】香港の地下鉄を運営する香港鉄路(MTR)は、9月に開業する高速鉄道のターミナル駅「西九龍駅」を報道陣に公開した。高速鉄道は香港と広州を約48分で結ぶ予定で、西九龍駅は香港から本土へ向かう玄関口になる。列車の状況を知らせるリアルタイム掲示板などを多く設置し、乗客の利便性に配慮したとアピールした。

西九龍駅には中国本土の当局者が常駐し、出入境や税関の手続きをする。香港市民の間では香港に高度な自治を保障する「一国二制度」が損なわれるとの懸念もあったが、香港政府が押し切った。すでに手荷物検査の機械などが置かれ、準備は最終段階に入っている。駅には米国製とみられる監視カメラも多く設置されていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません