サッカー

力ある若手起用、競争促す サッカー代表監督に森保氏

2018/7/26 23:15
保存
共有
印刷
その他

森保氏が広島で監督だったころ、主力の一人は「選手をフラットな(公平で偏りのない)目でみてくれる」と話していた。年齢の別なく選手を平等に扱い、競争でしのぎを削らせ、個々人を成長させることでチーム力を高める。そんな手腕で広島を強豪へ引き上げた。

サッカー日本代表監督への就任が決まり、記者会見する森保一氏。右は日本サッカー協会の田嶋幸三会長=共同

サッカー日本代表監督への就任が決まり、記者会見する森保一氏。右は日本サッカー協会の田嶋幸三会長=共同

本人は高校(長崎日大高)までは無名の存在。広島の前身のマツダで見いだされて日本代表になったが、エリートではない。指導者としても駆け出し時代に「様々な育成年代や、地方のグラスルーツの育成を見て回った経験が大きい」という。自らがそうだっただけに、草の根の選手の可能性を見いだし開花させたい意識が強いのだろう。

「選手は監督が思っている以上に繊細で、いま誰が伸びているのかを理解し、自分を含めたピッチ内の序列を分かっているもの。その序列と、僕の目で見た序列(評価)がずれないように気をつけている」と語る。それがずれていけば監督の求心力は失われ、組織全体の掌握もかなわないと心得ている。

広島時代、クラブの顔でもあったFW佐藤寿人(現名古屋)と、まだ新米にすぎないFW浅野拓磨(現ハノーバー)を併存させた。残り30分ほどで先発の佐藤をベンチに下げ、浅野にチャンスを与え続けた。浅野にそれだけの潜在力を認めたからだが、まだ佐藤もシーズン2桁得点を挙げられる実績があったころ。起用を貫き、機能させた。

そうした決断での胆力、信じた方法をやり抜く情熱を備えている。日ごろは腰が低く物腰も柔らかだが、戦いの場に立てばじっとしておらず、熱い言葉で選手をあおり立てる。「守備を固めつつ、されど攻撃もできる。色々な対応力で戦える」スタイルをまずは目指すという。(岸名章友)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

YBCルヴァン・カップの鳥栖戦前半、ヘディングシュートを止められ苦笑いするサッカーJ1横浜FCの三浦知良(左)。大会最年長出場記録を更新した(5日、佐賀県鳥栖市の駅前不動産スタジアム)=共同

 Jリーグ・YBCルヴァン・カップ1次リーグ第2節(5日・三協フロンテア柏スタジアムほか=7試合)新型コロナウイルスの影響による中断が明け約半年ぶりに実施され、D組は柏が湘南を1―0で下して2連勝の勝 …続き (21:59)

 J2東京Vは5日、MF藤本寛也(21)がポルトガル1部リーグのジル・ビセンテに来年5月末までの期限付きで移籍すると発表した。8日の琉球戦が東京Vでの最終戦となる。
 山梨県出身の藤本は下部組織から20 …続き (17:58)

 サッカーJ1横浜FCの元日本代表FWで53歳の三浦知良が5日、佐賀県鳥栖市の駅前不動産スタジアムで行われるYBCルヴァン・カップの鳥栖戦で先発メンバー入りした。
 今季の公式戦で初めてピッチに立つこと …続き (17:33)

ハイライト・スポーツ

[PR]