/

この記事は会員限定です

埼玉スタジアム、交通アクセス改善待ったなし

2020TOKYO 競技場を歩く(4)

[有料会員限定]

スタジアムと駅を結ぶ道にごった返すサポーター、一向に進まない車列。東京五輪でサッカー会場の1つとなる埼玉スタジアム(さいたま市)は、交通環境の改善が大きな課題だ。

埼スタはサッカー専用競技場として国内最大の6万3千人を収容できる。埼スタがある浦和美園地区の街づくりに産学官連携で取り組む一般社団法人美園タウンマネジメントの岡本祐輝専務理事は「地域のブランドであるサッカーが、街のストレスになってしま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン