人材開国 「先輩」シンガポールも悩んでいる

2018/8/1 0:09
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NECのシンガポール拠点で人工知能(AI)を使った最先端の映像解析に取り組むジャン・ウェンさんは中国出身だ。AI研究で名高い南洋工科大学で修士号を取得した後もシンガポールに残る道を選び、永住権を申請した。「ここには優秀な研究者が多く、給与待遇も良い」と許可が下りるのを心待ちにしている。

340万人の労働人口のうち3分の1を外国人が占めるシンガポール。近年は就労ビザの発給を急速に絞り込み、2017…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]