2018年11月21日(水)

蒲郡市、再生医療で名市大と連携協定

2018/7/26 19:41
保存
共有
印刷
その他

愛知県蒲郡市と名古屋市立大学は26日、再生医療の分野で連携協定を結んだ。同市は「再生医療のまち」を掲げており、名市大が技術指導などで協力する。名市大が進めている皮膚科分野の臨床研究について、今秋にも蒲郡市民病院で実施する計画だ。

再生医療で協定を結んだ蒲郡市の稲葉正吉市長(左)と名古屋市立大の郡健二郎学長=26日、名古屋市瑞穂区

同日行われた締結式で、蒲郡市の稲葉正吉市長は「市民病院で再生医療を実現するのは長年の夢」と強調。名市大の郡健二郎学長は「社会貢献も大学の使命」と話した。

同市には再生医療を手掛けるバイオベンチャー企業がある。市は市民向けの公開講座や、産官学の関係者を集めた「産業化サミット」を開催し、再生医療による地域産業の活性化を目指している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報