新日本コンサル、茨城の土木設計会社買収 北関東開拓

2018/7/26 19:47
保存
共有
印刷
その他

建設設計を手掛ける新日本コンサルタント(富山市)は26日、土木設計の三喜コンサルタント(茨城県潮来市)を同日付で買収したと発表した。全株式を取得し、完全子会社とした。茨城県に多くの顧客を抱える同社の買収で、北関東のインフラ設計や点検といった需要を開拓する。

三喜コンサルが事業基盤を持つ茨城県では津波対策などの復興事業、幹線道路や重要港湾の整備といった需要の拡大が見込まれるという。両社の設計部門で連携を進め、生産性の向上も目指す。

新日本コンサルは2017年10月期に始まった中期経営計画の中で積極的なM&Aを掲げており、今後もM&Aを継続していきたいという。同グループの17年10月期の売上高は27億1000万円。買収した三喜コンサルの17年6月期の売上高は2億5000万円。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]