中部空港に顔認証ゲート 混雑緩和へ30日導入

2018/7/26 20:00
保存
共有
印刷
その他

中部国際空港(愛知県常滑市)は、顔認証技術を活用した帰国手続きの運用を30日から始める。国内で4空港目。法務省が26日、報道公開した。日本人が対象で、機械がパスポートの画像と顔を照合し、一致すると自動でゲートが開く。11月には日本人の出国ゲートにも導入する予定。増加が続く訪日外国人の審査により多くの職員を充て、混雑緩和につなげる。

中部国際空港が日本人の帰国手続き向けに導入する顔認証ゲート(愛知県常滑市)

中部空港には6台設置し、利用者がパスポートをかざすと、内蔵カメラが顔を撮影し、本人と認識されればゲートが開く。マスクや帽子、サングラスを外せば、ほぼ間違いなく認識するという。

一連の手続きは15秒前後で、これまでの有人確認とほぼ同じだが、ゲートの新設で待ち時間を短縮できるとみる。誤作動などに対応するため、近くに係員が常駐する。

顔認証ゲートは羽田や成田、関西の各空港で導入されている。中部では11月、日本人の出国向けにも9台設置し、2019年度には外国人の出国にも使えるようにする。中部空港の18年度の利用者数は前年度比13%増の1300万人と、過去最高を見込んでおり、混雑緩和が課題となっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]