サッカー

森保監督にバトン Jリーグ25年、人材活用も新局面
アナザービュー 武智幸徳

2018/7/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サッカー日本代表の新監督に、森保一・U-21(21歳以下)監督が兼任で就くことになった。

日本人指導者の間で監督交代がなされるのは1997年の加茂周―岡田武史以来になる。この時は監督解任に伴う継承劇だったから、92年に初のプロ監督としてスタートしたオフト時代から数えると、平時では初のバトンタッチといえる。

交代の背景にあるものは何か。ロシア大会の結果に浮かれ、日本サッカー協会と技術委員会が夜郎自…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 FC東京―横浜M 後半、先制ゴールを決める横浜Mのジュニオールサントス(右)。GK林=共同

横浜M4発、耐えて形勢逆転 [有料会員限定]


 11月に開催がずれ込んだアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場するため、ただでさえ過密な日程がより密になっている両チーム。ただ、中5日のFC東京に対して、水曜日に名古屋戦があった横浜Mは中2日 …続き (22:12)

 明治安田J2第29節第1日(24日・NDソフトスタジアム山形ほか=2試合)山形は4―0で東京Vに大勝し、勝ち点42とした。東京Vは同40のまま。金沢―岡山は0―0で引き分けた。〔共同〕 …続き (22:01)

 明治安田J1(24日・パナソニックスタジアム吹田ほか=6試合)第24節で、G大阪が柏に2―1で競り勝った。9試合負けなしで勝ち点48とし、C大阪と並んで2位に浮上した。札幌は横浜FCに3―0で快勝し …続き (20:15)

ハイライト・スポーツ

[PR]