/

この記事は会員限定です

森保監督にバトン Jリーグ25年、人材活用も新局面

アナザービュー 武智幸徳

[有料会員限定]

サッカー日本代表の新監督に、森保一・U-21(21歳以下)監督が兼任で就くことになった。

日本人指導者の間で監督交代がなされるのは1997年の加茂周―岡田武史以来になる。この時は監督解任に伴う継承劇だったから、92年に初のプロ監督としてスタートしたオフト時代から数えると、平時では初のバトンタッチといえる。

交代の背景にあるものは何か。ロシア大会の結果に浮かれ、日本サッカー協会と技術委員会が夜郎自大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り704文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン