2019年3月21日(木)

配車サービスのグラブ、タイで配送やコンビニ買い物代行

2018/7/26 17:45
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=岸本まりみ】東南アジアの配車サービス大手グラブは26日、タイで新たに3つの配送サービスを始める計画を発表した。まずは荷物の配送を開始。2018年末までにコンビニエンスストアでの買い物代行や食料品の宅配などにサービスを広げる。独自の配車網を生かし、生活関連サービスを拡充。事業の多角化を図る。

配送サービスの拡充を発表したグラブタイ法人のタリン・タニヤワン社長(左)(26日、バンコク)

新たに始めた配送サービスの名称は「グラブ・エクスプレス」。グラブのアプリから荷物の配送を依頼できる。荷物の重さや大きさに応じてバイク、自動車、ピックアップトラックから配送手段を選ぶ。まずは首都バンコクと北部チェンマイでサービスを始め、段階的に展開地域を広げる考えだ。

8月にはコンビニでの買い物代行サービス「グラブ・マート」を始める計画。セブンイレブンやファミリーマート、大手スーパーのテスコ・ロータスなどで、最大500バーツ(約1700円)までの買い物を受け付ける。

さらに年末までに食料品の配送サービスを追加する。スーパーと提携し宅配サービスを提供するハッピー・フレッシュ(ジャカルタ)と組む。

グラブは東南アジアの8カ国、225都市でサービスを展開。約1億人の利用者を抱える。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報