2019年2月21日(木)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,168,745億円
  • 東証2部 76,366億円
  • ジャスダック 90,303億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.54倍13.93倍
株式益回り7.38%7.17%
配当利回り1.87% 1.95%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,464.23 +32.74
日経平均先物(円)
大取,19/03月 ※
21,440 +20

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

平野憲一の投資道場[映像あり]

2月21日(木)14:20

コマツ 陸自車両の新規開発を中止[映像あり]

政投銀 東芝メモリに最大3000億円出資を検討

2月21日(木)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

空売り4割、弱気にあらず 短期志向が崩す経験則
証券部 嶋田有

2018/7/26 18:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式相場の方向性を見るある指標に異変が生じている。東京証券取引所が日々公表する空売り比率だ。経験則では40%を超えると短期的に相場が調整するサインとされるが、7月はほぼ全ての営業日で40%を超えている。日経平均株価は26日こそ小反落したが、この3週間で見れば戻り基調だ。異変の要因を調べると材料難で短期志向を強める個人投資家の姿が浮かび上がる。

7月に入り日経平均は1%上昇した。米中貿易摩擦への懸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム