2018年10月22日(月)

「東の軍艦島」上陸解禁 東京湾に明治と現代が共存

住建・不動産
サービス・食品
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
(1/2ページ)
2018/8/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国土交通省は2018年8月13日、旧陸軍が海上要塞として建設した東京湾の人工島「第二海堡(かいほう)」への観光目的の上陸を解禁する。「東の軍艦島」とも呼ばれ、長い歴史を持つ土木遺産である一方で、東京湾の安全に寄与する現役の港湾施設でもある。明治と現代が共存する独特な雰囲気を味わうことができる。

■横須賀港から25分

第二海堡は旧陸軍が東京湾防衛のため、三浦半島と房総半島に挟まれた東京湾の表玄関とも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報