2019年5月21日(火)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,272.45 -29.28
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
21,250 -60

[PR]

業績ニュース

富士通、純利益34倍の727億円 年金制度の変更で

2018/7/26 20:30
保存
共有
印刷
その他

富士通が26日発表した2018年4~6月期の連結決算(国際会計基準)は純利益が前年同期比34倍の727億円だった。6月に企業年金制度を企業の追加拠出負担が生じない新制度に変更し、一時的な利益を919億円計上したことが寄与した。

売上高にあたる売上収益は6%減の8676億円。前期に個人向けパソコンや携帯電話事業を売却した影響が出た。通信設備も携帯電話会社の設備投資抑制の影響で苦戦した。営業利益は16倍の795億円だった。年金制度変更に伴う利益は日本基準では特別利益となるが、国際会計基準では営業段階で計上する。

富士通が導入したのは年金財政悪化のリスクを労使で負担する「リスク分担型企業年金」と呼ぶ制度。企業側はあらかじめ運用資金を多めに拠出する代わりに、積み立て不足が生じても追加拠出はしない。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム