/

この記事は会員限定です

町ぐるみでテレワーク 鎌倉・軽井沢など官民連携

[有料会員限定]

自宅など職場とは違う場所で働くテレワークを街おこしに活用する動きが広がっている。神奈川県鎌倉市は若い世代を官民一体で呼び込む研究会を設立する。長野県軽井沢町は「リゾートテレワーク」をうたい、観光協会や旅館組合が中心となって首都圏の企業を誘致する。総務省も後押しし、働き方改革の定着を目指す。

「鎌倉テレワーク・ライフスタイル研究会」は、都心まで時間をかけて通勤する暮らし方の転換を掲げる。サテライトオ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り383文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン