/

この記事は会員限定です

ブロックチェーンで電力定額制 仮想発電所が実現

仮想発電所を取り巻く企業と先端IT(下)

[有料会員限定]
日経エレクトロニクス

広域に分散している太陽光発電や蓄電池をまとめて制御して、あたかも1つの発電所のように利用する仮想発電所(バーチャルパワープラント:VPP)。人工知能(AI)やブロックチェーン(分散型台帳)技術が、既にVPPで活躍し始めている。

AI用いてVPPを自動制御

英モイクサは、AIをVPPの最適制御に用いる技術「グリッドシェア」を開発し、実サービスを始めた。電力会社に蓄電池の容量を提供することによる対価も含めると、エンドユーザーは約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン