2019年6月18日(火)

多摩市の建設現場で火災 5人死亡、30人重症

2018/7/26 15:44 (2018/7/26 18:45更新)
保存
共有
印刷
その他

26日午後1時50分ごろ、東京都多摩市唐木田1のビル建設現場で火災が発生したと東京消防庁に119番があった。同庁や警視庁によると、これまでに5人が死亡、約40人がけがをしており、このうち約30人が重症という。警視庁捜査1課は業務上過失致死傷の疑いも視野に調べている。

建設中のビル火災現場で行方不明者を捜索する消防隊と避難した人たち(26日午後、東京都多摩市)=笹津敏暉撮影

煙が上がる建設中の建物(26日午後2時57分、東京都多摩市)=共同

警視庁などによると、現場の地下3階でガスバーナーを使って鉄骨を切断していたところ、火花が近くにあった断熱材のウレタンに燃え移り、出火したとみられる。現場にいた作業員は「水や消火器で消そうとしたが、火の回りが早く間に合わなかった」と話しているという。

2人1組で1人が鉄骨を切断し、もう1人は火花が飛んだら水をかけるために警戒していた。現場では当時、下請け業者を含む約320人が作業していたという。

東京消防庁などによると、建設中の建物はオフィスビルの「多摩テクノロジービルディング(仮称)」。地上3階、地下4階建て。地下3階床下の断熱材約5千平方メートルを焼き、付近は一時激しい黒煙に包まれた。火は約6時間後にほぼ消し止められた。

施工会社の安藤ハザマによると、ビルは延べ床面積約1万7500平方メートル。2016年10月に着工し、今秋に完成予定で、工事は9割程度終わっていたという。

地下で配線作業をしていた男性(24)は「火事を伝える大声に気づいて階段を駆け上がったが、煙で何も見えない状態でどこから外に出たらいいか分からなかった」と声を震わせた。火が燃え始めるところを目撃した男性(23)は「はじけるような音がして、炎が見えたが、すぐに灰色の煙が一直線に上がった」と振り返った。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報