/

この記事は会員限定です

オウム、この痛ましき自画像 論説委員会・大島三緒

[有料会員限定]

たたみかけるような「終わらせ方」である。オウム真理教事件の確定死刑囚13人。うち教団元代表ら7人に続き、残る6人への刑執行も短兵急に果たされた。

この事件のまがまがしさを思えば、そして是非は別として日本に死刑制度がある以上、執行自体はいずれ不可避であったに違いない。

もっとも、オウム事件には社会がくみ取るべき重い示唆がある。異形の犯罪でありながら、一般社会に普遍的なテーマを内包してもいる。オウムは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン