/

この記事は会員限定です

ルンバ生みの親も驚く 工場ロボがカフェに「転職」

[有料会員限定]

車や電機などの大型工場で高度な作業を担ってきた産業用ロボットの活躍の場が広がっている。人のすぐ隣で働く「協働型」がその主役だ。価格は数百万円と従来の10分の1以下で、人手不足に悩む飲食店や町工場で採用が進む。先行する新興メーカーに対し、ファナックやスイスのABBといった老舗メーカーも協働型の強化に動いており、業界地図を塗り替える可能性も秘める。

1年で費用回収

26日午後。東京・渋谷駅近くでエイチ・アイ・エス(HIS)が運営する「変なカフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1841文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン