関西発「スポーツCAFE」

フォローする

ラグビー神鋼にカーター入団 NZ流にチーム導く

2018/7/28 6:30
保存
共有
印刷
その他

スポーツ界で今、最も熱い土地といえば神戸だろう。サッカーJ1の神戸に加入した世界的名手、アンドレス・イニエスタが7月22日に日本デビュー。そのイニエスタに劣らぬ名声を誇る大物が、時を同じくしてラグビー・トップリーグの神戸製鋼に入団した。ニュージーランド出身のダン・カーターだ。

入団会見で福本チームディレクター(左)と撮影に応じるカーター(7月16日)

同月16日、神戸市内での入団記者会見に同席した福本正幸チームディレクターの高揚ぶりがすべてを物語っていた。「まさか一緒にプレーしてくれるとは思っていなかった。隣に座って会見しているのが信じられない」

SOとCTBをこなすカーターを名手たらしめる要素は枚挙にいとまがない。パスの正確さは言うに及ばず、相手選手にタックルされた状態で放るオフロードパスでは左側の選手に左手だけで投げる妙技もしばしば。快足を生かしたランも一級品で、走りながらわずかな重心移動やパスダミーで相手選手を翻弄し、走路をこじ開ける動きは秀逸。左足からのキックは針の穴を通す精度と飛距離を誇る。

世界最高峰リーグ、スーパーラグビーのクルセーダーズやニュージーランド代表の主力として長く活躍してきた。国の代表同士が対戦するテストマッチで実に1598得点を挙げ、ワールドカップ(W杯)でのニュージーランド2連覇に貢献した2015年を含め、世界最優秀選手に3度輝いている。

ニュージーランドやオーストラリアなどの強国の主力が日本のチームに加わることは、もはや珍しいことではなくなった。ただ、カーターほどの大物が来ると予想した人はそう多くなかったはず。本人は日本に来た理由をこう述べた。「これまで16シーズン、プレーしてきたが、これだけ長くやると新しいモチベーションが必要になる」。15年限りで祖国を離れ、昨季までフランスのラシン92で活躍した36歳は「もう一つプレーしたい国が日本だった」と話した。

神戸製鋼は今季、ニュージーランド代表コーチなどを務めた知将、ウェイン・スミス氏を総監督に迎えた。ラグビー最強国のダイナミックな展開攻撃を取り入れようとしている中、その国で長年、司令塔を務めたカーターの加入は何より心強く、「今季目指すニュージーランドラグビーをより具現できる体制が整った」と福本チームディレクター。8月31日のトップリーグ開幕が今から待ち遠しい。

カーターは、長きにわたる現役生活を「神戸で終わらせようと思っている」とまで語った。その覚悟から本気度の高さがうかがえる。

(合六謙二)

関西発「スポーツCAFE」をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

ラグビーコラム

電子版トップスポーツトップ

関西発「スポーツCAFE」 一覧

フォローする
坂田氏は関西学生代表の活動を通じ大学のレベルアップに寄与した(写真は2019年)

 ラグビー元日本代表の坂田好弘氏(77)が3月末、任期満了で関西ラグビー協会会長を退任した。在任中は大学の強化に寄与し、2019年に日本で開催されたワールドカップ(W杯)では要人のもてなし役として大会 …続き (5/17)

現役最終戦後、撮影に応じるトンプソン(前列左から2人目)=共同共同

 ラグビー近鉄の名ロック、トンプソン・ルークが16シーズンの現役生活に幕を下ろした。長くチームの顔として躍動し、日本代表ではワールドカップ(W杯)で勝てなかった雌伏の時代から躍進を遂げた2019年大会 …続き (2/23)

2019年のNZ留学に参加したメンバー(左端が田中さん)

 12月27日に全国高校ラグビー大会が東大阪市花園ラグビー場で開幕する。2連覇を狙う大阪桐蔭など全国の強豪に注目が集まる中、この舞台にいつか立つことを夢見る高校生を支える人がいる。大阪府内の公立高校で …続き (2019/12/21)

ハイライト・スポーツ

[PR]