2018年9月26日(水)

オープン&クローズ戦略を考える(3) 複数モジュールの製品が対象
立本博文 筑波大学教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2018/7/27 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 オープン&クローズ戦略が機能するのは、1つの製品・サービスの中にオープン領域とクローズ領域を作ることができるからです。これを説明するのに適しているのがアーキテクチャーという概念です。複雑な人工物を表す概念として、ノーベル経済学者のH・サイモンによって1960年代に導入されました。

 複雑な人工物はモジュールという単位で管理されます。いくつかの設計要素をまとめた各モジュールがそれぞれ1つの機能を実現…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報