2018年12月17日(月)

コメ卸の神明、生産参入 ドローンやGPSで効率化
来年まず千葉県で30ヘクタール

2018/7/26 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コメ卸最大手の神明(神戸市)はコメの生産に乗り出す。2019年にまず千葉県で30ヘクタールの水田を確保し、ドローン(小型無人機)や全地球測位システム(GPS)を活用して効率的に生産する。コメ消費が減少するなか、自ら収益性の高いコメ栽培のモデルを築いて農家に示し、仕入れ先の減少を食い止める。将来は卸売りの一定量を自社生産でまかない、安定調達につなげる。

同社は千葉県の農地を借り受けブランド米「コシ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報