オウム事件死刑囚、残る6人の刑執行 全員の執行終了

2018/7/26 9:08
保存
共有
印刷
その他

法務省は26日、地下鉄サリン事件など13事件を起こしたオウム真理教の元幹部、林(現姓小池)泰男死刑囚(60)、岡崎(現姓宮前)一明死刑囚(57)ら6人の死刑を執行した。戦後事件史に残る特異な凶悪事件は6日執行の松本智津夫元代表(麻原彰晃、執行時63)ら7人とあわせ、首謀あるいは深く関与した全死刑囚13人の刑執行を終えた。

(上段左から)岡崎一明、横山真人、端本悟、(下段左から)林泰男、豊田亨、広瀬健一死刑囚(共同)

(上段左から)岡崎一明、横山真人、端本悟、(下段左から)林泰男、豊田亨、広瀬健一死刑囚(共同)

松本元代表の神格化や後継団体の反発が懸念される中、上川陽子法相は期間を空けずに残る死刑囚の刑を執行することで、信者らによる不測の事態を防ぐ狙いがあるとみられる。

ほかに執行したのは横山真人(54)、端本悟(51)、豊田亨(50)、広瀬健一(54)の各死刑囚。林死刑囚は仙台拘置支所、岡崎、横山両死刑囚は名古屋拘置所、端本、豊田、広瀬各死刑囚は東京拘置所で執行された。

確定判決などによると、教団は1989年11月に横浜市内で、教団の被害対策弁護団の坂本堤弁護士(当時33)と妻(同29)、長男(同1)の一家3人を殺害し、遺体を山中に埋めた。94年6月には長野県松本市内でサリンを散布し住民8人を殺害。95年3月には営団地下鉄(現東京メトロ)3路線でサリンをまき13人を殺害した。

岡崎、端本両死刑囚は坂本弁護士一家殺害に関与。林、横山両死刑囚はサリンの散布役を務めた。広瀬、豊田両死刑囚は兵器製造などを担った。

同一事件の共犯者は一斉執行するのが慣例だが、法務省は拘置所の施設面の限界や大量執行は国際的な批判を招くことなどを考慮し、分割して執行したとみられる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]