2019年9月22日(日)

「北朝鮮は核物質の生産継続」、米国務長官が上院で証言

2018/7/26 6:57
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】ポンペオ米国務長官は25日の上院外交委員会で「北朝鮮は核物質の生産を続けている」と証言した。北朝鮮は「完全な非核化」を約束したが、核開発の活動はなお続いているとの見方を示したものとみられる。北朝鮮の核計画が進展しているかどうかについて見解を問われると「難しい相手と複雑な交渉を進めている」と述べ、明確な回答を避けた。

ポンペオ氏は北朝鮮との非核化交渉について「辛抱強い交渉を進めているが、無駄に長引かせることはない」と力説。2021年1月までのトランプ大統領の任期中に非核化の達成をめざす考えを改めて示した。同時に「完全な非核化まで制裁を続ける。私たちが北朝鮮にだまされたということはない」と主張した。

北朝鮮の核開発を巡っては、寧辺(ニョンビョン)の核施設でウラン濃縮作業が続いていたり、核施設で建物などの改修作業を進めたりしていると米メディアが相次ぎ報道している。平壌郊外に秘密のウラン濃縮施設があるとの疑惑も浮上している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。