/

米、EUに車関税の留保検討 貿易交渉開始で合意

【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は25日、ホワイトハウスで欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長と会談した。会談後に発表した共同声明によると、自動車を除く工業製品の関税撤廃や、米国産の大豆や液化天然ガス(LNG)の対EU輸出拡大に向けて交渉を始めることで合意した。「交渉中は今回の合意の精神に反したことはしない」としており、自動車への追加関税など新たな輸入制限策を棚上げすることを示唆した。

米国がEUに課した鉄鋼とアルミニウムへの関税や、EUによる報復関税の問題についても今後話し合うとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン