2019年7月21日(日)

トランプ氏、元個人弁護士を批判、元モデル交際を巡る通話録音で

2018/7/26 5:49
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は25日、自身の女性関係についての通話を録音した元個人弁護士マイケル・コーエン氏を「前代未聞だ」と批判した。トランプ氏は「他にも録音された顧客がいるそうだ」と主張し「残念だ」と強調した。自身のツイッターで明らかにした。

トランプ氏は2016年11月の米大統領選前に男性誌の元モデルのカレン・マクドゥーガルさんとの過去の交際関係が明らかにならないように口止め料を支払ったとされる。コーエン氏側が24日に公開した両氏のやり取りとする通話記録では、両氏は口止め料の支払い方法について協議した。

マクドゥーガルさんは16年8月、交際関係についての体験談をトランプ氏に近い出版社に売却した。コーエン氏は電話でトランプ氏に対し、体験談の出版権を買い取るための資金を自身が立ち上げる会社から拠出すると提案。トランプ氏は「何のための資金だ」などと語った後に現金での支払いの是非について議論した。

米連邦捜査局(FBI)は口止め料の支払いについての事実関係のほか、拠出元が選挙資金法に違反していないか調査している。トランプ氏の弁護士のジュリアーニ元ニューヨーク市長は24日、米FOXニュースのインタビューで「録音からはいかなる罪の兆候も見当たらない」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。