/

東邦銀、震災時に元本免除の融資 企業のBCPに対応

東邦銀行は震度6強以上の地震が起きた際に元本の返済を免除する「震災時元本免除特約付き融資」の募集を始めた。県内の金融機関では初めての取り扱いとなる。東日本大震災以降、大規模地震発生時の対応や事業継続計画(BCP)への関心が高まっており、創設した。

同融資は、融資を受ける事業者があらかじめ設定した震度観測地点(福島市、郡山市、いわき市、仙台市、宇都宮市)で震度6強以上の地震が発生した際、被害の有無に関係なく元本の返済が免除されるのが特徴。

免除率は100%か50%を選ぶことができ、融資の利率はそれぞれで異なる。融資金額は3千万円以上、10億円以内。5年の期日一括返済で、融資実行は10月末。以後も定期的に募集する。ローン専門店を除く全営業店で取り扱う。

東邦銀は環境・社会・企業統治を意味する「ESG」やジェンダー平等、環境保全など国連が定める「SDGs」(持続可能な開発目標)に取り組む事業者を対象にした融資と私募債の取り扱いも始めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン