/

この記事は会員限定です

仮想通貨取引、4倍以内に制限

業界団体が証拠金の自主規制案

[有料会員限定]

仮想通貨の業界団体、日本仮想通貨交換業協会(東京・千代田)は投資家が元手より大きな金額を投資する証拠金取引の倍率を制限する方針を固めた。現在最大で25倍程度の倍率を1年後をめどに「4倍以内」とする。ビットコインなどの仮想通貨は、ドルや円など通常の為替取引に比べて変動が大きい。倍率引き下げで投資家が多額の損失を被るのを防ぐ。

証拠金取引では投資家は手元資金を大きく上回る金額の取引が可能になる。例えば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り574文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン