中国「太陽光の街」苦境に 米中貿易戦争・補助金削減で

2018/7/25 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【常州(江蘇省)=多部田俊輔】世界市場を席巻してきた中国の太陽光パネル大手が苦境に立たされている。米中貿易戦争の序章となった1月のトランプ米政権のセーフガード(緊急輸入制限)発動で米国向けの輸出が止まったうえ、中国政府が5月末に打ち出した補助金削減で受注が急減したためだ。工場閉鎖が相次ぐ「太陽光の街」、江蘇省常州市を歩いた。

「パネル工場が閉鎖になったうえ、材料のシリコンウエハー加工工場の稼働率…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]