シャープ、家電組織を再編 海外商品 地域別に開発

2018/7/25 18:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャープは海外展開の拡大に向けて白物家電の組織を再編した。従来は国内、海外とも同じ事業本部が管轄していたが、7月に組織を分割した。アジアや欧米など市場ごとに異なるニーズに対応した商品を機動的に投入できる体制を整え、事業拡大につなげる。一方、今春から自社生産を始めた有機ELパネルについても新たな事業本部を立ち上げて販売増を狙う。

白物家電事業を一括して担ってきた健康環境システム事業本部を、海外事業…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]