2018年12月15日(土)

ユーグレナ IoTでバイオ燃料の生産を管理

2018/7/25 18:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

バイオベンチャーのユーグレナはシステム開発の日本ユニシスと組み、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)を使ってバイオ燃料用ミドリムシの生産効率を高める。8月1日からミドリムシの生産の安定や管理コスト削減を目的とした実証実験を三重県多気町の培養施設で始める。

実験ではミドリムシの培養プールに特殊なカメラと各種センサーを設置して培養状況を可視化する。映像などのデータを日本ユニシス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報