/

この記事は会員限定です

ユーグレナ IoTでバイオ燃料の生産を管理

[有料会員限定]

バイオベンチャーのユーグレナはシステム開発の日本ユニシスと組み、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)を使ってバイオ燃料用ミドリムシの生産効率を高める。8月1日からミドリムシの生産の安定や管理コスト削減を目的とした実証実験を三重県多気町の培養施設で始める。

実験ではミドリムシの培養プールに特殊なカメラと各種センサーを設置して培養状況を可視化する。映像などのデータを日本ユニシス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り620文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン