/

葛飾区議の「落選」維持 東京高裁が請求棄却

昨年11月の東京都葛飾区議選で落選者と1票差で当選した後、票の点検で落選とされた大森有希子区議(36)が、東京都選挙管理委員会の裁決の取り消しを求めた訴訟の判決で、東京高裁は25日、請求を棄却した。大森区議は上告する方針。

1票差で落選した元区議会議長が昨年11月、開票結果を不服として異議を申し立てたが、区選管に棄却されたため都選管に審査を申し立てた。

都選管は今年2月、開票時に有効とされた「大森ひでこ」「大森ようこ」と書かれた2票について、それぞれ下の名前の読み方が同じ候補者がいたことを理由に無効と裁決。当選無効となった大森区議が高裁に提訴した。

川神裕裁判長は、2票は「特定の候補者の得票とは推認できない」として都選管の判断を支持した。

判決後に東京都内で記者会見した大森区議は「判決が確定するまで区議の活動を続ける」と話した。都選管の宮崎章委員長は「今後とも公正・公平な選挙の管理執行に努めていく」とのコメントを出した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン