/

この記事は会員限定です

自動ブレーキ、夜間歩行者で競う トヨタを各社追う

[有料会員限定]
日経Automotive_Technology

夜間の歩行者に対応する自動ブレーキの搭載が加速する。トヨタ自動車は上級ミニバン・セダンのほか、最量販車の「カローラ」に同ブレーキを標準搭載した。マツダは「CX-3」や「アテンザ」の自動ブレーキを夜間歩行者に対応させた。各社の自動ブレーキは改良が進み、昼間の歩行者対応では差が縮まっている。夜間の歩行者対応が新たな競争軸になってきた。

新型クラウン・カローラに搭載

夜間の歩行者を検知して作動する自動ブレーキの搭載が加速している。ヘッドランプを点けて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3905文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン