/

奈良高専、中小企業診断士会と連携協定 マーケティングで協力

奈良工業高等専門学校(奈良県大和郡山市)は25日、県中小企業診断士会と連携協定を結んだ。高専と中小企業診断士会との連携は全国でも珍しいという。

企業が直面する技術的課題を診断士が高専につなぐほか、マーケティングや製品などの販路開拓でも協力する。中小企業が多い奈良県や大阪府東大阪市、関西文化学術研究都市(けいはんな学研都市)などのエリアを中心に、産学連携を加速させる狙い。

奈良高専の後藤景子校長は「ネットワークの中で人材を地元の中小企業につなぐチャンスも出てくるのではないかと期待している」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン