サイボウズ、プログラミング教育指導案を無料提供

2018/7/25 20:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

サイボウズは2018年7月24日、同社のクラウドサービス「kintone」を利用した小学校向けプログラミング教育指導案の無料提供を開始した。小学校でのプログラミング教育が2020年度に必修化されるのを見据え、NPO法人みんなのコードと共同で開発した。国語や理科の授業の中でkintoneを使いながら、論理的思考力を習得させる。

教育指導案は小学校4年生の国語と理科を対象とする。授業で無理なく採り入れられるよう、教科書の単元に沿った内容に仕上げた。

例えば国語のテーマは、新聞作成の単元。題材集めのためにkintoneでアンケートを作成し、結果を集計・分析する。アンケートフォームにどんなパーツをどのように配置すれば目的の調査ができるかを考え、実践。これによって、プログラミングに必要な論理的思考力を高めるという。紙に比べて手軽にアンケートが実施できること、集計や加工が自由にできることも理解させる。

ユーザーインタフェースや機能は法人向けのkintoneと同じだが、「実際に公立小学校の授業で使ってもらったところ、子供たちは問題なく使っていた」(サイボウズ 社長室 中村龍太社長室長兼プロデューサー)。ビジュアルプログラミング環境「Scratch」やロボットを使ったプログラミング教材などと比べると地味ともいえるが、「みんな興味を持って取り組んでいた。これまで一生懸命手書きしていたグラフが一瞬で作れることなどに驚いていた」(同)という。

kintone上でアンケートフォームを作成する(出所:サイボウズ)

kintone上でアンケートフォームを作成する(出所:サイボウズ)

アンケート結果を基に新聞を作成(出所:サイボウズ)

アンケート結果を基に新聞を作成(出所:サイボウズ)


教育指導案と、kintoneを30日間無料で使える試用ライセンスを組み合わせれば、学校は費用負担無しで授業を実施できる。試用期限延長の相談にも応じるという。

サイボウズはこの取り組みを社会貢献の一環と位置付けつつ、教育分野でのkintoneの適用可能性も探る。成果によっては、教員向けkintoneの展開など事業化につなげる可能性もあるという。

(日経 xTECH 八木玲子)

[日経 xTECH 2018年7月24日掲載]

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]