/

この記事は会員限定です

日銀に「単発の政策調整」案 市場の反応に不安消えず

編集委員 清水功哉

[有料会員限定]

金融緩和政策の副作用を軽減するための対応策が、徐々に日銀の本格的な検討課題になってきたようだ。物価の上げ圧力がなかなか強まらないため、緩和政策の長期化は必至。今後も緩和策を円滑に続けられるように、金融機関の収益圧迫など超低金利の様々な副作用を軽くしておこうというわけだ。浮上しているアイデアは、長期金利の小幅上昇を可能にするなどして政策に柔軟性を持たせる調整措置。問題は金利上昇が円高・株安を招きかねない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1505文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン