/

この記事は会員限定です

「がんカフェ」家族らの支えに 愛知、闘病など経験の高校生運営

[有料会員限定]

闘病を経験したり、親のがん治療を支えたりした高校生4人が、がん患者や家族に語り合いの場を提供している。悩みを打ち明けられず、ふさぎ込む人も少なくないが、若者が真剣にがんと向き合う姿が勇気づける。「同世代の人にも、もっと考えてほしい」。4人は研究会を立ち上げ、がんの正しい知識などの発信も始めた。

「中学生の息子にどう伝えていいか悩んだ」。5月下旬、名古屋市で開かれた「がん哲学外来メディカルカフェ」。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン