2018年11月19日(月)

「数カ月で妥結」NAFTA再交渉、メキシコ次期首席交渉官

2018/7/25 6:36
保存
共有
印刷
その他

【プエルトバジャルタ(メキシコ中部西海岸)=丸山修一】メキシコの次期政権で北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の首席交渉官に就任予定のヘスス・セアデ氏は24日、地元メディアに対して再交渉が数カ月で妥結可能だとの見通しを示した。23日にはグアハルド経済相も次回の閣僚会合では複数の項目で妥結可能性があるとしており進展が期待される。

NAFTA再交渉の次期首席交渉官に就任予定のヘスス・セアデ氏=ロイター

セアデ氏は「今後2カ月、もしくは数カ月間で交渉妥結は十分可能だと思っている」と話した。ただ特に自動車貿易で域内の関税をゼロにする条件を定めた「原産地規則」など対立の深い項目で交渉をどう進めていくかなど具体的な点には触れなかった。

NAFTA再交渉を巡っては、メキシコ大統領選や米国の議会承認などの日程を見据えて5月に早期妥結に向けて各国が交渉を加速させた。しかし妥結には至らず、担当閣僚による本格的な交渉が中断していた。

メキシコ大統領選が終わったこともあり、各国は26日に米ワシントンで閣僚会合を開き交渉を再開させる予定だ。セアデ氏は直接、交渉には加わらないがワシントンには同行する。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報